この原発メーカー訴訟が起爆剤となって全世界のウラン鉱石の採掘からはじまり、各国の立法機関での論議が高まればいいなと思っています。5/26/2014

初めてメール致します。
私は埼玉県川口市在住の一般市民です。
訴訟の会はデモクラTVで知りました。
私は3.11以降、原発のことに関して色々私なりに調べてみました。
そして調べていくうちに、こんなに地球を汚し、生物に危険なものが発生し、その危険が何十万年も続くということを知りました。
そこで自分なりにひとつの結論を出しました。
「人類は核分裂反応を制御出来ない。」
すべての原発事故の本当の原因は「これだ」ということを。

そして日本には主に3つ環境を守る法律がありますよね。
でも、その内容は
「大気汚染防止法 第27条1項 この法律の規定は放射性物質による大気の汚染
およびその防止については、適用しない」
「土壌汚染対策法 第2条1項この法律において特定有害物質とは、鉛、ヒ素、トリクロロエチレンその他の物質(放射性物質を除く)であって(略) 」
「水質汚濁防止法 第23条1項 この法律の規定は、放射性物質による水質の汚濁およびその防止については、適用しない」
という内容です。
私はこちらの方が憲法違反ではないかと思います。

この原発メーカー訴訟が、起爆剤となって全世界のウラン鉱石の採掘からはじまり、すべての核施設で働いている人々、その周辺の人々が被爆をしない世の中にするために、各国の立法機関での論議が高まればいいなと思っています。
これから大変なことがあると思いますが、このような活動が熱い心で静かに広がり続いていくことを心から祈っております。

By T.G.