「廃炉より原発維持のほうが高コスト」ドイツ関係者が断言 6/13/2014

福島第一原発事故後、シーメンス社は原発関連事業自体から撤退した。その理由は「原発は、初期投資が巨額で、建設から運転まで10年以上かかる。安全性の要求がますます高まり、一層のコスト高。仮に事故を起こさなくても、放射性廃棄物の処分に困る。それならば、他の分野で収益を上げた方が合理的」というもの。同社は近年、ガスや風力発電などのエネルギー事業に力を注いでいる。

「廃炉より原発維持のほうが高コスト」ドイツ関係者が断言 http://nikkan-spa.jp/373329
A.T.