訴状の点検・修正について 7/31/2014

先般指摘されている訴状の「核分裂の連鎖反応が止まっても、原子炉には多くの核分裂生成物が存在し、その多くは化学的に不安定な状態にある。それらは化学的に安定するまで、放射線と熱を出しながら、別の物質に変わっていく。」

 

ですが、以下のように修正すればいいと思います。

 

「核分裂の連鎖反応が止まっても、原子炉には多くの核分裂生成物が存在し、その多くは放射性同位元素(アイソトープ)で不安定な状態にある。それらは元素として安定するまで、放射線と熱を出しながら、別の核種(或いは元素)に変わっていく。」

 

或いは、より正確に言うならば「それらは元素として安定するまで、崩壊系列をたどって放射線と熱を出しながら、別の元素に変わっていく」

 

このポイントは訴訟に関する重要なポイントとは思われないので、適当なタイミングで修正すればいいと私は思います。

By T. O.