【本日20時~】Ust番組 FFTV 「御嶽山噴火と川内原発火山審査~みえてきたモニタリングの限界」 9/30/2014

FoE Japanの満田です。御嶽山の噴火、多くの方々が命を落とす惨事となりました。亡くなった方々のご冥福を謹んでお祈りします。

さて、Ust番組FFTVでは、こうした事態を受け、本日、急遽、御嶽山の噴火と川内原発の火山審査の問題を分析します。火山審査をずっとウォッチしつづけてきた阪上武さんが解説します。ぜひご視聴ください。

「御嶽山噴火と川内原発火山審査~みえてきたモニタリングの限界」
解説:阪上武さん/原子力規制を監視する市民の会・福島老朽原発を考える会

Ustream 生放送&アーカイブ…http://p.tl/R6Gg
ツイキャス http://twitcasting.tv/fukuroufoe_tv
YouTube アーカイブ…https://www.youtube.com/user/FukurouFoeTV

※御嶽山の噴火に関連して、菅菅官房長官は、御嶽山噴火は川内原発の再稼働に影響を与えないとし、その理由らしきものとして、①今回は水蒸気噴火で予測困難だった、②火砕流は川内原発に届かない、と発言しました。
しかし、報道にある通り、多くの火山学者は(水蒸気噴火であるかどうかはともかく)噴火予知の困難を指摘しています。
また、原発から数キロの近傍に火砕流の痕跡があり、九電でさえ最終的には火砕流が到達する可能性を認め(九電補正申請書)、その前提で審査が進みました。

【関連報道】
御嶽山噴火で見えた火山予知の難しさ 川内原発の再稼働に影響するか
ロイター 2014年09月30日
http://www.huffingtonpost.jp/2014/09/29/mount-ontake-sendai-npp_n_5901738.html
川内原発の火山審査に専門家から疑義噴出 審査「合格」の根拠崩れた形に | 原発再稼働の是非 –
東洋経済オンライン(2014年9月3日) http://toyokeizai.net/articles/-/47016
東京大学地震研究所の中田節也教授は、「巨大噴火の時期や規模を予測することは、現在の火山学では極めて困難、無理である」

【川内原発関連情報】
いちき串木野市と日置市で、地元同意拡大の意見書が可決されました!
地元のみなさん、お疲れ様でした。
当然のこととはいえ、それでも市議会で可決させたのは、快挙です!

川内原発、「地元同意」の意見書 30キロ圏の2市が可決
http://www.47news.jp/CN/201409/CN2014093001001633.html

しつこいようですが、こちらもよろしく!(^_^)/↓
——————————————-
【署名】川内原発…一方的な「説明会」ではだめ!住民の声を聞く「公開討論会」「公聴会」の開催を!
http://311.blog.jp/archives/13436025.html
一次締切:2014年10月2日(木)
⇒オンライン署名、現在、1022筆です。紙の署名は未集計
ぜひご協力をお願いします <(_ _)>
——————————————-
原発事故被害者の救済を求める全国集会 in 郡山
10月13日@郡山市労働福祉会館
http://shiminkaigi.jimdo.com/2014/09/17/141013/
——————————————-


満田夏花 MITSUTA Kanna <kanna.mitsuta@nifty.com>
携帯:090-6142-1807
【FoE Japan新住所】8月27日より
〒173-0037 東京都板橋区小茂根1-21-9
Tel:03-6909-5983 Fax:03-6909-5986