韓国の原発

韓国政府は2008年の「国家エネルギー基本計画」で、原発の発電比率を07年の36%から30年に59%にする方針を示しています。 現在23基稼働中で韓国における原子力発電所の発電容量は合計17.5ギガワットを超えています。これは韓国の総発電容量の28.5%、総電力消費量のうち45%を占めます。韓国の原子力発電所の設備利用率は95%以上です。10年から21年の間に12基の原子炉が増設される計画で、完成すれば合計15.2ギガワットの発電容量が加わります。また「30年までに80基を輸出する」との目標を掲げ、原発を輸出産業に育てようとしています。韓国の原子力発電所は4ヶ所と比較的少ないが、それぞれが4基以上の原子炉を持っています。韓国では原発事故が発生しており、各地の反対運動も活発です。電力会社は「KEPCO(韓国電力公社)」です 。